営業時間 10:00~18:00
定休日 営業日カレンダーをご確認ください
〒651-2106 神戸市西区伊川谷町井吹55-3

googlemap
アクセス

新着コラム一覧へ
第1部 事業誕生まで

ヒーローからの転落。そして事業誕生まで。

No.02絵に描いたようなヒーローからの転落

「いつから、挫折してしまったんだろう」

インタビューの合間に、浦﨑社長は何度も首を傾けた。

一般的なサラリーマン家庭の長男として育ち、小学生のころは少年野球に明け暮れた。1番、キャッチャー。「しまっていこう!!」の自分の声で全てが始まる。試合が終わるまで気を抜けない緊張感が好きだった。首位打者になったこともあった。

スポーツだけではない。幼いころから音楽や演劇にも才能を発揮し、小4の夏休みには、大阪の国立文楽劇場の舞台に立ったこともある。船場の四姉妹を描いた華麗な舞台『細雪』に子役で出演。四女は桜田淳子さんだった。この舞台を最後に芸能活動をやめるが、同じく子役だった岩﨑ひろみさんは、朝の連続ドラマ『ふたりっ子』で主演を演じるなど有名人だ。

運動神経も良く、歌も上手くて、演技もできる。友達も多く、まさにヒーローだった。

中学校に進学。野球部に入部し、はじめはレギュラーだった。1番セカンド。

だが、彼にとってはポジションに納得いかない。

キャッチャーへの、強いこだわり。

「小柄だったし、普通に考えればセカンドですよね。でも、どうしても譲れなかった」

その頃、運悪く視力も急激に落ちた。

何もかもが嫌になった。

中2で野球部を退部する。

「そこからは、目的もない、何がしたいのかもわからない、学力も落ちて。暗い人生がはじまったんです」

ヒーローから一転、転落人生のはじまりだった。

取材・記事 増田ゆきみ (出版社・ライター)