営業時間 10:00~18:00
定休日 営業日カレンダーをご確認ください
〒651-2106 神戸市西区伊川谷町井吹55-3

googlemap
アクセス

新着コラム一覧へ
第3部 日常にリゾートを。原点は「楽しいわが家」

目指すのはホーム&ガーデンクリエーター

No.12プールは人と人の輪を広めていく良いアイテム

2015年8月、ひまわりライフにプール付きの展示場が完成した。

これからお客さんにお見せして、売っていける。

『探すの!』『広めるの!」『呼ぶの!』だ。

PRはホームページがメイン。プール付きの展示場を掲載するとアクセスが急増した。マスコミの関心も高く取材が増え、社長はテレビ番組にも登場。学校、病院、企業、宿泊施設などからの問い合わせも多い。

そんな中、記念すべき施工第1号は、2016年10月。

ホームページで見たという人から連絡がきた。

「プールを自宅に作りたい」という幼いころからの夢をかなえるため、ウエブで検索をしていたのだという。ひまわりライフは外構工事もプールも両方できるので、一括して施工を依頼するということになった。

新事業は、文字通りのロケットスタートとなった。

プール付きガーデンは、もちろん敷地は広いほうがいいが、60坪あれば 、家、車庫2台分、プールを造ることができるという。

施工費はプールだけで約600万円。プールサイド工事とあわせトータルで約900万円。もちろん基礎工事を含む。その他オプションで、シャワールームや音響、ライティングなどの設備も充実させることができる。

プールの水量は、3×4mで12,000ℓ。1年間、水は替えなくてよく、蒸発分だけをたしていく。ろ過器が回っているので蚊はわかないし、ろ過装置のフィルターは布製で汚れたら洗うだけ。塩素は年間12,000円。年間の維持費は20,000円ぐらいと意外と安価だ。

メンテも楽。ランニングコストもかからない。YouTubeにメンテ方法など細やかなことも動画配信していることもあり、問い合わせが後を絶たないという。

「プライベートプールを体験すると、ほかのプールへ行けなくなります」

そう話すのは、展示場のプールをファミリーで楽しむお客様。

展示場のプールは、2015年にオープンしてから学校の夏休み期間中、お客様に2時間無料で貸し出している。

連日満員だ。バーベキュー設備も使えるので友人たちを誘い合って集う。ひまわりライフにとっては、多くの人に会社を知ってもらい、親しみを持ってもらう絶好の場となっている。

まさに、プールは人と人の輪を広めていく良いアイテムなのだ。

これまでの2年間で施工実績は12件。今年は年間50件の目標を掲げ、プール事業を核としたホーム&ガーデンクリエーター事業へと本格的に歩み出す。

 

取材・記事 増田ゆきみ (出版社・ライター)