愛犬と暮らすお庭のスタイル
-ワンちゃんのためのお庭づくり-

ワンちゃんのために工夫がいっぱい!
愛犬とくらすおうちスタイル

ワンちゃんが快適に過ごせるお庭、エクステリアにするにはどんなことが出来るでしょうか。
まずお庭で遊べる範囲を区切りましょう。ワンちゃんの遊べるスペースを確保することで気分転換とストレスの軽減になります。

愛犬家も大満足の空間をレジャー施設や病院に!

愛犬をより身近に感じるエクステリア

雨の日や仕事で忙しくなかなか散歩にいけないときでもお庭にガーデンルームやテラス屋根、フェンス、門扉、ワンちゃんの足腰に優しい床などがあればいつでもワンちゃんの遊べるスペースが確保できます。お庭で遊んだ後や散歩から帰ってきた時にガーデンルーム内や玄関前に足を洗えるスペースを確保すると屋内で生活しているワンちゃんも外から帰ってきた時にすぐにきれいにできます。

ワンちゃんの安全のためにできること

ワンちゃんを放し飼いできるのも1戸建てならではの特権。けれど、ワンちゃんが安全・安心に過ごすためには注意が必要です。

ひまわりライフのプランナーは「愛犬家住宅コーディネーター」の資格を所持しています!

→ 愛犬家住宅コーディネーターって?

ひまわりライフは「犬とすまいる協会」の法人会員です!

→ 犬とすまいる協会って?

ワンちゃんがお庭に飛び出さないよう扉をつけましょう♪

★★★

★★★

ワンちゃんが急にお外へ飛び出さないようにフェンスや扉をつけることが必要になってきます。しかし、フェンスや扉の種類は様々。出来ればワンちゃんの目線でお外が丸見えにならないものをおすすめします。
ワンちゃん自身が見える範囲がテリトリー(縄張り)になるので知らない人や散歩中のワンちゃんなどがテリトリーに入ると吠えたりする傾向があります。それを少しでも軽減できるように目の詰まったフェンスまたは板状のフェンス、門扉を取り付けると効果的です。

ワンちゃんの足にやさしいゴムチップ舗装

★★★

★★★

外へのお散歩の頻度が多いワンちゃんは地面の刺激を受け肉球が厚くなりますが、ほとんど室内で過ごしている場合や、子犬の場合は肉球が柔らかいため、コンクリートやアスファルトの上で走り回ったりすると肉球が擦り切れたりなどの怪我をする場合があります。
ゴムチップ舗装は弾性がありワンちゃんの足を痛めにくいのが特長です。ワンちゃんだけではなくお子様の足の負担も軽減され、転倒した場合も弾性があるため衝撃を和らげることができます。

お庭に手洗い場を設置!!

★★★

★★★

お散歩から帰ってきたり、お庭でおもいっきり遊んだあと室内に入る前に手足が洗えるよう、お庭のタイルテラスに足洗い場を設置しました。
屋根もあり、床はタイル仕上げなので洗ったあとに、再度土で汚れてしまうような心配がありません。

愛犬と暮らす施工例をご紹介

人と犬とが楽しく快適に暮らすことのできる空間づくりをお手伝い。
愛犬と過ごす時間を大切にプランニングしています。

愛犬と暮らすお庭の施工例をもっと見る

わんちゃん飼い主様のための商品をご紹介!

滑りにくい床や、真夏でも熱くなりにくい素材などワンちゃんが安全にそして快適にお庭で過ごすのに役立つ商品を紹介します。

おススメの商品

一緒にお出掛け!
愛犬と楽しめる施設はこちら

愛犬と暮らすお庭のよくある質問

人工芝を敷いた場合おしっこの臭いは大丈夫ですか?
A.小型犬程度なら水で軽く流す程度で大丈夫ですが、大型犬の場合はしっかりとシャワーで洗い流す必要があります。
ウッドデッキとタイルデッキはどちらがおすすめですか。
タイルデッキはウッドデッキに比べて夏場の表面温度が低いのでタイルデッキをオススメさせていただいています。
ただし、タイルデッキは水に濡れると滑りやすくなるので注意が必要です。