営業時間 10:00~18:00
定休日 営業日カレンダーをご確認ください
〒651-2106 神戸市西区伊川谷町井吹55-3

googlemap
アクセス

新着コラム一覧へ
第1部 事業誕生まで

ヒーローからの転落。そして事業誕生まで。

No.06阪神・淡路大震災

1995年1月17日、阪神・淡路大震災が住んでいた神戸を襲う。団地の5階、自宅のドアを開けたら階段が真っ二つになっていた。

誰とも連絡が取れない。

市内の高速道路が倒壊して、会社にも行こうにも行けない。

実家の鳥取に帰省して不在だった親方の代わりに、まずは、神戸にいた親方の家族のところに直行して無事を確認。

そのあとのことはよく覚えていない。

激震地区を歩いた。

あちらこちらで、人ががれきの下敷きになっていた。

助けることもできない。まるで、漫画で見た『はだしのゲン』のようだと思った。

震災で、仕事は復興工事一色になった。

まずは、道路を通れるようにする。ダンプにユンボを積んで現場に行き、ブロック塀やがれきを撤去していく。

高校を卒業した同級生たちが仕事を手伝ってくれるようになった

「自分はユンボの操作がうまかったので、一緒にチームを組んでやってましたね」

がれき撤去の復興工事は約半年で落ち着いた。

復興工事の実績もあり、会社は有限会社となり、親方は社長になった。

16歳で働き始めた少年は、めきめき力をつけて、18歳のころには現場では管理者になっていた。

「自分が親方だったら、ここをどう仕切るだろうか」

いつからか、そう考えながら仕事をするまでに成長していた。

浦﨑さんにとって、26歳で独立した親方は思い描く理想の人材像だった。

親方が自分を成長させてくれたことを、自分も試してみたいと思い始めていた。

やがて20歳で結婚し、21歳で長男が誕生する。
「長男が生まれたということが、自分の人生の中で大きかったです。とにかく、がむしゃらに働こうと思いました」

22歳11月、浦﨑さんは親方のもとを離れ、半年後の4月25日、23歳でひまわり造園土木を立ちあげる。

ひまわりは震災復興のシンボルの花だ。

取材・記事 増田ゆきみ (出版社・ライター)