営業時間 10:00~18:00
定休日 営業日カレンダーをご確認ください
〒651-2106 神戸市西区伊川谷町井吹55-3

googlemap
アクセス

新着コラム一覧へ
第7部  ニューノーマル時代に注目集まるおうちリゾート。 誰も見たことのない世界を拓いていきたい
ニューノーマル時代に注目集まるおうちリゾート。

NO.34 おうちで過ごす新しい時代。家の庭のリゾート化に注目高まる

2020年、時代は大きく変わったと実感しています。

ひまわりライフがプールに取り組んだのは2014年。それから6年が経ったわけですが、この間、プールガーデンをはじめ、ひまわりリゾートブランドのガーデンファニチャー、アニマルオブジェ、そして昨年後半からはグランピングと、ホームリゾート事業を拡大してきました。

6年やってきて、今、「家の庭に対して、『遊ぶ場』としての注目が高まった」という大きな変化を感じています。

昨今のこういう状況のなか、今までのような遊び方ができません。海外にも行けませんし、国内のリゾート地にしても移動にはどうしてもリスクを負ってしまう。

加えて、時間ができましたね。

それならば家の庭をリゾート化しようと。

プールがあったり、キャンプをしたり、バーベキューをしたり。

そう考える方が急激に増えたと感じています。

 

思えば、2020年の前半は、コロナ禍の影響を大きく受けていました。

関西3府県では47日~521日まで緊急事態宣言が発令され経済活動もストップ。

2019111日に神戸三宮駅前にオープンしたアニマルファニチャーを販売する「Himawari Resort」は宣言を受けて休業し、その後、撤退しましたし、海外の経営者との商談も進んでいた「リゾートホーム」第1号の物件は海外渡航禁止で状況が一変してしまいました。

 

この時期、私たちは何をしていたかというと、洗って使える布の手作りマスク「ひまわりリゾートアニマルマスク」を社員、協力業者さん、その家族で作ってお客様にお配りしたり、本社近隣の方にひまわりの種を入れて12,000袋をポスティングしたりしていましたね。

「コロナが明けたら、またひまわりライフに来てくださいね。今は、共に頑張りましょう」という思いを込めて。この取り組みには、多くの方からお手紙やメッセージをいただくなど反響も大きく、何よりお客様と心と心がつながったという感じがしました。

取材・記事 増田ゆきみ (出版社・ライター)