営業時間 10:00~18:00
定休日 営業日カレンダーをご確認ください
〒651-2106 神戸市西区伊川谷町井吹55-3

googlemap
アクセス

新着コラム一覧へ
概要
ビジネスの発想が変化したナナクロ世代

No.01「ナナロク世代」

株式会社ひまわりライフ代表 浦﨑 正勝さんは、1976年(昭和51年)3月23日、神戸市舞子生まれ。
いわゆる「ナナロク」といわれる世代で、1976年前後に生まれた人たちを指すのだが、この世代からはそうそうたる顔ぶれの起業家が誕生している。
社会に出たころにインターネットの普及が始まったため、お客様の立場からビジネスを発想することができるといわれ、上の世代にはない感覚を持っているのが強みだ。

確かに、同社ホームページの事業内容も楽しい表記にあふれている。

おしゃれで快適な空間にするお庭
家族で憩う・ワンちゃんのためのガーデンルーム
必要なくなった空間に駐車場増設

まさに目線がお客様。
そこにいる自分を具体的にイメージ出来るような表現と写真の数々が、多くのお客様の心をとらえてはなさない。

神戸市で外構・エクステリア工事を手がけ、施工実績を伸ばし、最近はプールのあるリゾートガーデンを提唱するなど、今、注目の会社 株式会社ひまわりライフ代表取締役社長 浦﨑 正勝さんに、話をうかがった。

第1部は、事業誕生までのヒストリー
家業を継いだわけでもない。裸一貫、ゼロからのスタート。
成長の秘密はどこにあるのだろうか。
なんとそこには、予測を超えた浮き沈みの人生があった。

第2部は、独立から株式会社ひまわりライフ設立まで
事業は、紙切れ1枚を出せば始められる。
22歳11月、浦﨑さんは親方のもとを離れ、半年後の1999年4月25日、23歳でひまわり造園土木を立ち上げる。
立ち上げてはみたものの、お金もない、仕事もない。あるのは「自分はできる!」という根拠のない自信だけ。
独立から、株式会社ひまわりライフの設立まで、苦難と挑戦の日々を追っていく。

第3部は、リゾート事業について
日常にリゾートを。原点は「楽しいわが家」 目指すはホーム&ガーデンクリエーター
2009年、社名を「株式会社ひまわりライフ」に変更。そこから10年、同社は業態を大きく変えていく。外構工事の現場で培った技術と経験と実績をベースに、総合的な建築業としてライフシーンを創出する会社へ。
2015年から本格的に取り組む「プールのあるくらし」もそのうちの一つだ。

第4部は、安全管理について
2018年に神戸を襲った2つの台風。
今までの想定を超える大きな台風によってフェンスの倒壊などの大きな被害を受ける。従来の施工基準ではこれからの時代は対応できないと、想定外を想定内にする施工基準の見直しや社内の連絡体制の見直しを行う。

コラムをまとめ読みする

取材・記事 増田ゆきみ (出版社・ライター)