営業時間 10:00~18:00
定休日 営業日カレンダーをご確認ください
〒651-2106 神戸市西区伊川谷町井吹55-3

googlemap
アクセス

新着コラム一覧へ
第3部 日常にリゾートを。原点は「楽しいわが家」

目指すのはホーム&ガーデンクリエーター

No.14日常の中にリゾートを ホームリゾート事業スタート

2019年、ひまわりライフは新たな事業をスタートさせた。

ホームリゾート事業だ。

家、庭、カーポート、そしてプール。家族のコンセプトにあった全体のゾーニング(配置)を決めてから、家を建てる。

土地があって、全体のプロデュースをして、全体の配置を考え、建築士とタッグを組み、施主となって家を建てる。そして、一般や企業に売っていく事業だ。

「家はゾーニング。満足できる住みやすさのためには配置取りが大事なんです」と社長は力説する。

一般的には、「それって当たり前じゃないの?」と感じることだが、実は現実はそうではない。

まず、土地に家を建てる。そして余ったスペースに庭を作る。外構は家造りの一部、という考え方が強いからだ。

その結果、カーポートの一部をカットしないと入らない、洗濯物を干す場所がない、なんていうあり得ないことも起こったりするのだという。

「常識で考えるとおかしいですよね、僕はこういう考え方をくつがえしていきたい。

家造りはデザインも大事なんですが、まずはゾーニング。配置なんです。僕は職人として、たぶん万単位で現場を見てきているので配置の技術を培ってきた。

大規模開発や、阪神・淡路大地震でのがれき撤去も経験しているので、潰れやすい形とか、危ない形とか、この配置にこういうことをすると危ないとかもわかる。太陽の当たり方、洗濯物の乾き方、植木の育ち方など、勉強というより、からだにしみ込んでいる。

配置がよく考えられている家は、住みやすいし、満足度も高いんです。

ひまわりライフは、家を建てるなら、まず全体の配置を考えるという流れを作っていきたい。」

これを実現していくのが、プールのある暮らしを日常に取り入れたホームリゾート事業だ。

2019年、神戸市北区にプール付きリゾートホームが完成する。

ひまわりライフがつくる家に注目が注がれている。

(第3部 了)

取材・記事 増田ゆきみ (出版社・ライター)